アジアの雑貨、活用

アジアン雑貨を使って癒しの空間のインテリアを演出する

アジアン雑貨の魅力

アジアン雑貨の人気が高くなっています。
アジアン雑貨の魅力は木や竹、籐などの天然素材の風合いを生かした素材感になります。
ナチュラルな印象で、風が吹き抜けてゆく南の島のリゾートのような癒しの空間を演出できるのもアジアン雑貨を使ったインテリアの特徴です。
アジアンテイストというとタイやバリ島などを思い浮かべる人が多いと思いますが、インドネシアや中国南部などにも、独特の文化に彩られた魅力的で面白いアジアン雑貨がたくさんあります。
リゾート地などで販売されているリーズナブルな価格のモノから、確かなつくりで高級素材を使用したものまで多くの種類があります。
天然素材のアジアン雑貨は、木の家に暮らし、畳や障子などの自然素材を上手に利用してきた日本人には受け入れられやすく感じるのも人気が出ている秘密なのかもしれません。

アジアンインテリアいろいろ

ショッピングモールやファッションビルなどでは必ずテナントの中にアジアン雑貨などを取り扱うショップが入っていることでもわかるように、年齢や性別を問わず、多くの人の人気を集めています。
手のひらに収まるようなさりげない小物から大型の家具まで各種揃っているようなお店では、まるでアジアの国へ来たような不思議な感覚を味わうこともできます。
一年を通して20度以上の気温がある亜熱帯気候の地域では、四季のはっきりとした日本とは違った、おおらかでゆったりとした独特の文化がはぐくまれてきました。
手作りのぬくもりが感じられる小物の数々に魅せられる人が多いのは、そうしたアジアン雑貨の一つ一つに、日本とは違ったゆっくり流れる時間を感じられるからなのかもしれません。

たとえばマンションの一室でも、アンティークなアジアン雑貨を置いてちょっとムードのある照明を採用すればかなり異国情緒漂うアジアンテイスト溢れる空間を演出することができます。自然素材のぬくもりに癒されると、どこか懐かしい気持ちに…。
天然素材でできたランプシェードなども柔らかな光になってとても雰囲気のある照明が完成します。
アジアンファブリックもとても魅力的です。
インテリアに利用するなら壁に飾ってみたり、天井からつるしてみたり、床に敷いてみるのもいいし、間仕切りなどに使うと部屋の雰囲気がぐっとアジアンテイストになります。
アジアンファブリックの中には機械織りの低価格で手に入るものもあるのですが、中には個性的で希少価値の高い手織りの一点物などに巡り合えることもあり、アジアン雑貨のお店を回ってみると時にはそうした掘り出し物に出会える喜びもあります。

お気に入りのアジアン雑貨を使えば心癒されるインテリアを演出することができます。

check

高額買取を行うことで人気の株式会社セレブレーションについて、詳しく説明しています。

株式会社セレブレーションの紹介

貴志篤大という人物の趣味や休日の過ごし方などについて、詳しく説明しています。

貴志篤大

2017/5/23 更新