アジアの雑貨、活用

コーディネート

インテリアとしての雑貨

カントリーと言えば、かわいらしいカントリー雑貨でおなじみ。飾り気のすくない。素朴なイメージが強いカントリースタイルは、温もりタップリの木製家具がベースです。さらにワンポイントとして、パッチワークやチェック柄のファブリックを使えば、どこかで見たことあるような部屋の完成です。映画などでアメリカやフランスの少し田舎のあたりに行ったようなへやになります。最近では南フランスプロヴァンス風の住宅のデザインが人気になったためか、カントリースタイルが再注目されているようです。またソファ専門店ではこのようなカントリースタイルのソファも取り揃えておりますので是非ご覧になって下さい。

素朴で温かみのあるパイン材を活かした家具をメインに、パッチワークやステッチといったハンドメイド風のファブリックを合わせてコーディネートのイメージを組み立てます。自然素材にこだわった向く材の家具を中心としてチェックやはながらカーテン、ナチュラル間タップリの、ファニチャーたち、そして、大好きなかわいい雑貨に囲まれた空間はどこか懐かしい雰囲気の漂う空間になるでしょう。

カントリー調の雑貨はディスプレイが必要になります。好きなもの、気に入ったものを集めていくといつの日か雑貨が山のように積もり、1つ1つはおしゃれでも、ディスプレイが上手く働かなければ、空間は雑線とした雰囲気になります。生活観をあるものを上手に書くし、小物1つ1つのお選び方や置き方にこだわり、空間を雑然とせずおしゃれな部屋へと変化させるには、見せるものと隠すものの収納する力を身に着けなければなりません。

収納の仕方に関しては、見せるものと隠すものを判断し、それを分けて収納することです。

家具などは無垢材などの木製が主ですが、すべてを素朴なスタイルにしてしまうと、カントリー調を通り越して田舎くさくなってしまうので、イスの脚やチェストなどの取っやバッドのヘッドボードのアイアンを取り入れると、全体的に素朴なイメージにアクセントがつきます。

家具の配置などには、新面取りーには位置しましょう。例えば窓を中心に2台のベッドと窓を垂直に設置して、ベッドの両外側にはないとテーブルを置いてその上にスタンドを飾ったり、窓の両脇の壁には、対象となるように絵を飾ったりして、配置を左右対称にすることで、雑貨のディスプレイコーナーの雑然としてしまう印象を和らげてもらいます。

雑貨に関してはみんな同じデザイン、色、形というわけには行きません。デザインは似ていても、色が違ったり、色は同じでも大きさが違ったりする場合もあります。これらを適当に並べたのでは、雑然とした印象を与えてしまいます。そこで、まず中心になるものを決めます。そして中心となる雑貨にあわせた素材やデザインのものをディスプレイしていきます。そのときのポイントしては、1つ違ったデザインや色物を入れてあげてください。同じものがダラダラと並べていても必ず底に目が行きます。そうすることで、同じような雑貨が並んでいても、飽きが来ないようにします。

カントリースタイルをおしゃれでスマートに見せるには、配置をシンメトリーにすることで整然としたいめーじになって、ディスプレイでは目を引くポイントをおくことであきさせないように演出することが「カギ」となります。

長くなってしまいましたが、あまり難しく考えないで、基本だけを抑えて好きな雑貨を上手にディスプレイ捨て見てください。気持ちがいいと感じる部屋になれば、それは間違いなく成功だと思っていいと思います。

recommend

白金台の賃貸情報

最終更新日:2017/9/14